脱毛って本当は痛いんじゃないの?

自宅で脱毛をするときに、「痛み」を伴ってしまった覚えのある人はたくさんいると思います。

脱毛テープを使って皮膚にも傷をつけてしまって後からも痛みが増して来たり、毛抜きを使用して瞬間ではありますが強い痛みを感じたり…。

時にはカミソリ負けをしてしまって深刻なケガに繋がってしまったりなど、意外と自宅の処理には不便がつきものです。

それでは、脱毛サロンや医療脱毛に行ったら痛みはどのくらいのものなのか、さまざまな方法を比較してみました。

脱毛をするとなぜ痛みが発生するの?

毛には元々神経が通っています。

厳密に言うと毛に通っているのではなく毛根と神経が繋がっているのですが、これに刺激を加えると痛みとして反応するわけです。

特に脱毛になると、毛根を重点的に刺激するので特に痛みを強く感じてしまうのです。

そんな痛みを感じさせないように作られたのはフラッシュ脱毛です。

フラッシュ脱毛は毛根に光を照射させ、熱を発生させないようにして後に自然に毛が抜け落ちるように施術をするので痛みがすくないと言われています。

種類別痛みのありなし

脱毛の種類はたくさんありますが、その中でも特に痛みが強いと言われるのはニードル(針)脱毛です。

これは、針を毛穴に差して微弱な電気を流して毛根を焼いてしまうという方法だからで、それを聞いているだけでも痛みがあるというのはわかります。

しかしニードル脱毛は確実な脱毛ができるので、男性のヒゲの脱毛や、女性のワキ・VIOラインなどの脱毛に利用されています。

つぎに痛みが多いと言われているのはレーザー脱毛です。

よく聞く脱毛方法ですが、レーザー脱毛は毛穴の色素に反応してそれを破壊しているため強い痛みが発生すると言われています。

痛みが少ないという脱毛方法のウソ・ホント

今ではたくさんの場所で脱毛を行っています。

広告には「痛みが無い!」「痛みが少ない!」と書かれていることが多くなっていますが、本当に痛みがない脱毛なんてあるのでしょうか?答えは限りなくNOに近いと思います。

なぜならば痛みの感じ方は個人によって変わりますし、施術内容によっても変わります。

しかし、痛みを軽減させている施術方法というものは存在しています。

例えばレーザー脱毛は痛みの強い施術方法だと紹介しましたが、レーザー脱毛を行えるのは医療機関だけと定められています。

そのため、強い痛みを感じる人については麻酔をかけてくれるところもあります。

この麻酔は手術をするときのような完全な麻酔ではなく、クリームを塗って皮膚表面だけを麻痺させるものや、薬を飲んで一時的に麻痺をさせるものなどがあります。

これによってレーザー脱毛を気軽に受けられるようになったという人が多くいるようです。

もちろん、最初に痛みを感じなかったり、我慢できる範囲だと判断すれば麻酔無しで施術を受けることもできます。

また、フラッシュ脱毛の時には、「輪ゴムではじかれた程度」とよく言われていますが、これも個人差が激しいものです。

しかし、医療機関以外でのフラッシュ脱毛の施術は麻酔などなく行われるので、痛みに弱い人はまずお試しなどをしてみるのが良いでしょう。

痛みを我慢していたら気分的にも悪いですよね。

脱毛の際に痛みが発生するのは多少仕方がないという部分もあります。

人間の敏感な部分であればなおさら痛みの発生も強いでしょう。

しかし、ムダ毛はそんな場所にばかり生えて来て困ったものです。

美しさを手に入れるためであれば、多少の我慢は必要…。

そう言い聞かせて脱毛に通う人も居るようです。

ですが無理をし過ぎると無意識に肌が拒否反応を示してしまうケースもあるようですので、耐えられないほどの痛みだと感じる場合は施術を一旦やめる、というのも一つの対策だと言えます。

      2018/01/16

 - 未分類