アンダーヘア脱毛をして良かったことと、悪かったことは?

アンダーヘア脱毛をしたら……

海へ行ったときに、毛の処理を忘れていたことに気づいて、もうこんなことは二度と嫌だと思ったことをきっかけに、脱毛を始めた私は、アンダーヘア脱毛をしに、脱毛サロンへ行きました。

無料のカウンセリングをして、スタッフさんの対応もよく、よしここにしようと、次回来店(施術日)の予約をして、いったん帰宅。

そこで私は脱毛ってどんな感じなんだろうと考えながら、下の毛がつるつるになるのを待ち望んでおりました。

というのも、私、パイパンにしようと思っていたんですよね。

毛の濃い体質ですし、この際すべて除去してやろうと思って。

それに噂によれば、下の毛が生えていない子が好きという男性は多いらしいではないですか。

彼氏はいませんけれども、気になっている子はいます。

その男性と恋仲になったときに喜ばせられるかもしれない、と思ったのが正直なところです。

それに、他にもメリットはあると思います。

たとえば、生理のときに毛のないほうが快適なんじゃないかとか、毛がちらちら生えてきてもいっぺんにザッと剃ってしまえばいいだけなので、処理が楽だとか。

そういうことを考えて私は、アンダーヘアをすべて除去することにしたんですよね。

そうしておけば、下着をつけたときに毛がはみ出すようなこともありませんし。

そして、脱毛当日。

施術にはそんなに時間はかかりませんでした。

つるつるのすべすべになって、ご機嫌で帰ったのを覚えています。

でも問題はそこからだったんですよね。

ちょうど夏休み中でしたので、友達と遊ぶ約束がたくさんありました。

その中に、旅館に泊まりに行くという予定もあったのです。

私は、それを楽しみにしていましたし、旅館に着いてからも、友達と辺りの遊歩道を散策したりして、楽しんでいました。

それに気づいたのは、夜、温泉に入ることになったときです。

あれ、私、毛なくね?と思いました。

そうなんですよ、この前、脱毛をしたばかりなのです。

私は猛烈に恥ずかしくなってきました。

やっぱり、パイパンを友達に見られるのは恥ずかしかったんですよね。

脱毛をしたときには、そんなことまったく考えていませんでした。

ただ綺麗になったと思っただけで。

もじもじして服を脱がない私を見て、優しき友人たちは「どうしたの?」「具合悪いの?」と訊いてきます。

しかしここに来て温泉に入らないというのは、もったいなさすぎます。

実は、と言って私は服を脱ぎました。

その瞬間、友人たちは笑いました。

「つるつるじゃん!」「どうしたのそれ」脱毛したんだよね、としか言いようがないですよね。

まさか、海に行ったとき、水着から毛がはみ出すのでホットパンツ穿いておとなしくしてた、なんて言えませんから。

アンダーヘア脱毛をするときには、特にパイパンにするときには、同性に見られると恥ずかしいという問題がありますので、みなさんもお気をつけください。

メリットばかりなんですが、その一点だけは我慢しなければならないので。

今ではへっちゃら

でも、いまさらアンダーヘアをもとに戻そうとも思えなかった私は、そのまま毛を処理しつづけています。

もう最近では開き直って、むしろパイパンにしないとか時代遅れじゃんくらいに堂々としています。

友達と風呂に入る機会があっても、一緒に着替えるようなことがあっても、堂々と服を脱ぎます。

なんとも思っていませんよ、というふうに振舞っていれば、意外と大丈夫なものなんです。

それに、下をつるつるにしていると、夏場に長いこと外を歩いていても、毛のあったころに比べ、ずっと快適なんですよね。

最初、温泉に行ったときこそ、全部脱毛したのを後悔してしまいましたが、今ではむしろしてよかったと思っているくらいです。

みなさんにもぜひ、アンダーヘアの除去をおすすめしたいと思います。

      2018/01/16

 - 未分類